3万円を借りる!そんな時、私がオススメするキャッシングサービスをご紹介

3万円を借りる

3万円くらいは、いつも友人に借りるのですが、かなり頼りにしている友人が出張で不在・・、でも、どうしても急ぎで現金が必要だったので、テレビCMでよくみかける「アコム」を利用してみました。

その結果。。。 さすがは「はじめてのアコム」。キャッシングをはじめて利用する私でも、スムーズに手続きが進んで、3万円を借りることができました^^

給料日前とはいえ、久しぶりに会う後輩と飲みに行って、「割り勘でいいか?」と言えない性格の私には、まさに渡りに船!

3万円とか、急ぎでお金が必要になったときは、友達に借りたりするより、「キャッシングを利用した方がイイ!」ってことが今回判明しました!こんなことなら、もっと早くから利用してれば良かったです・・・。


>> 私が利用したアコムはコチラ(仮)



アコムの特徴をまとめてみました!

はじめての利用なら、アコムは最大で30日間金利ゼロ円のキャンペーンもあります。給料が入ってすぐ返済できれば、無利息で借りることができるのが便利!急な出費で困ってるなら、ぜひ!アコムを利用してみてください^^

アコムは2008年に三菱URJフィナンシャル・グループの子会社として、都市銀行の傘下に入っています。安心して利用できるのがイイですよね♪他のサービスと比較したときの「アコムの長所」はいろいろありますが、まずは「融資までのスピードが早い!」ってことが一番アピールしたいところです!

来店することができる場合、自動契約機を使えば、21時までに申込みを開始することができれば、その場で現金を引き出すことができます。来店することが厳しくて振込み融資を希望する場合でも、アコムは電話やスマートフォンで申込が完結させることができます。

その時、即日で融資を希望する場合は、平日14時までに契約手続きを完了し、振込み融資を申し込む必要があります。(初回に限って平日18時までOK!。ただし「三菱東京UFJ銀行」「三井住友銀行」「ゆうちょ銀行」のいずれかを振込先に指定した場合に限ります。)

本人確認書類の提出も、スマホのカメラで撮影した画像をアップロードしたり、専用のアプリでスムーズに行うことができます。また、振込みキャッシングの場合、楽天銀行の口座を持っていれば、24時間対応なうえに最短1分でお金が振り込まれますから、驚きの早さです。楽天銀行の口座をお持ちの方は、今は急いでなくても、今後の急な出費にそなえて、まずは、審査の申込みをしておきましょう。

3万円を借りる

その他、アコムの特徴は次のとおり!

■金利
:4.7~18.0%

■限度額
:1万円~500万円

■審査時間
:最短30分

■担保・保証人
:不要

■その他
:本人のお勤めにより安定した収入があれば、主婦、学生、パート、アルバイトでも申込み可能(なお、ご本人のお勤め先がない専業主婦の場合はご契約できません)

>> アコムの公式サイトはコチラ(仮)




キャッシングコラム(返済計画をきちんと立てる)

キャッシングを利用するときの一番大事な注意点は、返済計画をきちんと立てて利用することです。まずは自分の現在の収入と支出がどの程度であるか把握した上で、それを大幅に超える金額を借り入れないようにしましょう。特に初めて利用する時には返済シミュレーションを必ず行うことが重要です。シミュレーションを行えば、借り入れをした場合月々どの程度の返済をすることになるのか、利息を合わせた返済の総額はいくらになるのか大まかな額を把握することができるようになります。キャッシングをする時には、借りられる金額よりも確実に毎月返せる金額を最重視して利用する額を決めるように心がけましょう。また、お金が欲しいからといって一度に複数の貸金業者から借り入れをしないようにしましょう。申し込みをするために必要な書類がそろっているかどうかあらかじめ確認することも大切です。お金を借りるためには自分の収入を証明する書類と、身分を証明する書類を用意しなければなりません。会社員であれば源泉徴収票または給与明細、アルバイトやパートで働いていれば最近3ヶ月分の給与の明細が必要になります。自営業の人は前年度の所得証明書を提出する必要があります。身分を証明する書類には運転免許証や健康保険証などがあげられます。そしてキャッシングの最も重要な注意点は遅れることなく返済日に返済を行うことです。決まった期日に返済ができないと遅延損害金を請求されてしまい、結果的に返済総額よりも余分にお金を払わなければならなくなってしまいます。特に自動引き落としで返済をしている人は特にこの点に気をつけなければなりません。自動引き落としで返済ができない、という事態を避けるためには返済日の数日前に引き落とし口座に残高があるかどうか確認するとよいでしょう。